プロフィール詳細

※2018年3月24日更新

鈴木尚栄の上半身肖像

プロフィール略歴

フリーエージェントのウェブデザイナー・開発者、レスポンシブ・デザイナー、フューチャー・マッピング(R)公認ファシリテーター。 1977年1月生まれ。ICT/ウェブ業界通算10年以上の経験を元に、総合力によるウェブ全般の開発、企画、プロデュースを行う。 ICT/ウェブ業界ではない活動として、個人や企業を対象にした、行動計画や新規事業のための支援を行う。

プロフィール詳細

フリーエージェントのウェブデザイナー・開発者、レスポンシブ・デザイン対応者、フューチャー・マッピング(R)公認ファシリテーター。

1999年4月にICT業界に入り、2001年夏からインターネット関連に機軸を移す。 以降、小~大規模の案件で、フロントエンド開発、システム開発、仕様調査から製品リリース後の運用までの一連業務、折衝、提案を行う。 2005年から2年間は、トヨタ自動車株式会社本社にて、Javaによる社内基幹システム開発に参加。 プロジェクト内の複数開発チームの1つで、開発リーダーを務めた経験も持つ。

2008年6月に株式会社ニデックに入社。 LAMP環境で会員制ウェブサイトの新規構築全体を一人で担当し、運用開始後も中心的な役割を果たす。 法人日本語ウェブサイトの刷新プロジェクトにも参画し、フロントエンドの開発、社内ウェブ担当者の人材育成、プロジェクトの監修役を行う。プロジェクトにおける顕著な活躍を認められ、社内表彰を受ける。

2011年4月より独立し、今までの知識や技能を背景に総合力によるウェブプロデュースなどを行なう。 『ICTの壁を壊す』という個人的な目的を実現するため、業界・社会情勢、ビジネス、マーケティングの動向分析を行い情報発信を行う。 また、マインドマップ(R)やフューチャー・マッピング(R)による、新規事業立案支援、行動計画策定支援を行う。

事業方針

不断の学習や情報収集に基づき、その時々で最新の技術、考え、開発手法に基づいたことを顧客に還元し、提案します。 結果として、顧客の活動活況、利益向上に貢献できるように努めます。

高度専門職の一事業者として、顧客には高い価値を提供するために、高い対価を求めます。

次に繋がるより良いやり方や考えを常に模索し、試行し、知見を蓄え、不要となった古いやり方や考えは捨てます。

自分が行うことと行わないことを明確にし、何でも屋にはなりません。 自分が専門外のこと、自分ができないことはできないと伝え、得意な人に任せます。

顧客は大事ですが、神様ではありません。 服従を求める顧客とはお付き合いをしません。 顧客のイェスマンにはならず、時として厳しいことはお伝えします。 率直な意見を顧客にお伝えします。

案件の対応は私が対応します。 案件の要件や規模次第で、私一人では対応できないと判断した時は、他の個人や法人とチームを形成しての提案を行います。 同業者に案件を丸投げし、中間マージンを取る無責任な再外注は決して行いません。

キャリアの特徴について

下記の4項目となります。

10年以上インターネット関係に注力してきた中で、総合的に物事を見ることを鍛え、実践してきました。 ウェブサイトを1つとっても、コーディングだけ、デザインだけ、エンジニアリングだけの視点で物事を語れない状況になっている今、全体を俯瞰できる能力は重要です。 ウェブエンジニアとしてのキャリアが長く、エンジニアの強みが自分の骨格となっています。 アイデア出し、企画も行います。 その他、マーケティング、プランニング、プロデュース、UXデザインなどを学習し、単なる開発者ではない姿を目指しています。

今までの取引実績

(順不同)