プロジェクト(案件)の進め方

全工程の流れ

Webサイト構築、Webシステム・アプリケーション構築では、基本的に下記の流れで進めます。

Webサイト構築の流れ

  1. 企画、要件定義(ヒアリング)、要件把握
  2. コンテンツ(文章、画像など)準備
  3. コンテンツ配置検討
  4. レイアウト(枠組み)検討、作成
  5. 配色決定
  6. 文字の大きさや行間等、意匠に関する細部のすり合わせ
  7. Webページ試作を作成し、修正と確認の繰り返しで完成
  8. 運用準備
  9. 運用開始

※3から6の工程が、基本画面設計となります。

Webシステム・アプリケーション構築の流れ

  1. 企画、要件定義(ヒアリング)、要件把握
  2. 設計(機能、データベース)
  3. コンテンツ(文章、画像など)準備
  4. コンテンツ配置検討
  5. レイアウト(枠組み)検討、作成
  6. 配色決定
  7. 文字の大きさや行間等、意匠に関する細部のすり合わせ
  8. Webページ試作を作成し、修正と確認の繰り返しで確認
  9. システム側の開発、試験
  10. 運用準備
  11. 運用開始

※3から7の工程が、基本画面設計となります。

企画書、要件書、提案依頼書

依頼者の要望に対し、高い確度のある提案を行いたいと考えています。
そこで、依頼者にて案件の企画書、要件書、提案依頼書のいずれかの作成と準備を極力お願いしています。
これらは、案件の詳細や背景、依頼者のことを知る上で大切な情報となります。

全工程参画案件での初期の打ち合わせ

初期の打ち合わせでは、下記のことを質問いたします。

初期に上記質問から対話を始める理由は、依頼者の方がインターネットに詳しいかどうかに関係なく、対話に入りやすく、重要な事案から本質的な議論がしやすいからです。

仮説について

Webサイトやシステムを運用する以上、有効な運用を行い、結果を出さなければいけません。
何が満たせれば結果が出たとするのかを企画の段階で決めておかないと、後々の検証ができません。

運営に必要なものとして、仮説があります。
仮説は運営者が半年か1年に1回行う、Webサイトの効果の検証と見直しを行う際の材料になります。
仮説の作成はプロジェクトの初期段階でをお願いしています。

Webデザインやシステムの具体的な話

Webサイトやシステムは、依頼者が抱える課題を具体的に解決するための手段です。
実際には、運営者の業務要件、運用者としての戦略、利用者が求めていること、利用者の動線設定、利用者にとって利益のあるコンテンツが必要です。
企画をしっかりと詰めてから、Webデザインと開発での内容や方法はどうするのかのやりとりをいたします。

依頼者の中には、課題、戦略、仮説を明確にせずに、いきなり具体的な話をしたがる方が見えます。
開発側が企画や要件をしっかり詰めることを提案しても、急ぎたい依頼者が見えます。
十中八九案件の進行でつまづき、目的を見失った結果になります。
それは、依頼者に100%に近い責任があり、自業自得というものです。

納品物本意の実装

上述した流れの項目で、「Webページ試作を作成し、修正と確認の繰り返しで確認」と挙げています。
最初から納品物本位の開発を行い、スマートフォン、タブレット、パソコンに搭載のブラウザの中で確認や実装を完結します。
実際、実物を早く見たいという依頼者が非常に多く、依頼者との意思疎通がし易いです。

昔ながらの開発方法を未だに続ける日本での同業者が存在しますが、非効率で余計な意思疎通の発生で時間がかかります。
無駄・ムラ・無理を引き起こす仕事の仕方は、プロジェクトの関係者に悪影響をもたらすだけです。