SEOへの考え方

SEOの意味

私が考えるSEOの意味は、『検索経験の最適化』です。『検索エンジンの最適化』ではありません。
利用者がGoogleやBingといった検索サイトで入力するであろう問いに対して、その答えとなるコンテンツ提供することです。
Webサイトの運用者はこのようなコンテンツを検討し、定期的に見直すことが、運用上の努めです。

検索結果の上位でいつづけるためには、ローマは一日にして成らずなことであります。
利用者が入力する検索単語に合致するコンテンツ(文章、画像、動画など)をWebサイト運営者が提供し続ければ、自ずと検索経験の最適化ができます。

コンテンツの作成と提供は、事業者のマーケティング活動、事業活動の一環です。
利用者からの受けが悪ければ、内容を見なおして再編成し提供し、反応を見るという繰り返しとなります。
運用者が自身の事業活動を一番知っているので、運用者がコンテンツを作成できなければ、そもそも事業活動が展開できないわけです。
他のWebサイトに存在する文章を真似したとして、それは結局は独自性がなく、似たり寄ったりになりかねません。
SEOは運用者が行うことで、開発側としては助言やWebサイトの構築しかできません。

SEOの対応内容の変化

今日までに検索エンジンの能力向上により、そのコンテンツの意味が的確に理解できるようになっています。
特定のキーワードに依存や固執して、コンテンツを作る必要がありません。
そのキーワードがコンテンツに書かれていなくても、そのキーワードで検索流入を集めることさえ可能です。
コンテンツの人気が検索結果に反映しているとお考えください。

技術的に対応できること、できないこと

Webサイトの運用者にとって、SEOに技術的に対応できること、対応できないことの2つが存在します。
技術的に対応できることは、適切なHTMLのマークアップ、Webページの軽量化、高速化などです。
技術的に対応できないことは、運営者の戦略や方針、コンテンツの内容です。

GoogleがWebサイトの運用者向けに、ウェブマスター向けガイドライン検索エンジン最適化スターターガイド(PDFファイル)といった資料を公開しています。
これらの資料に記載されている技術的な対応を行ったしても、肝心要のコンテンツの質が悪ければ、意味がありません。

検索経験の最適化のために、コンテンツライティングなどのコンテンツを作る技能、コンテンツを作る人材教育、利用者が喜びそうなコンテンツは何かを追求する作り手の想像力、マーケティング要素、提供サービスや製品の魅力を掘り起こす組織やチーム内での議論など、アナログ要素のある裏付けが必要です。

SEOには運営者の戦略や方針が根底にある

SEOの根底には、運営者の戦略や方針があることが前提です。
戦略や方針を元に、細部に落とし込んで行うことの1つがSEOです。

検索結果の上位に来ないから、SEOをしてほしいと案件の募集・依頼をされる方がいます。
その多くに見られるのは、運営者の戦略や方針が不明確な状態で、何をしたのかわからないというものです。
案件を受ける側からすると、運営者の戦略や方針と実際の施策(行動)内容における、関係、乖離、誤りの理解や判断ができないことが一番困ります。

戦略や方針がなければ、そもそも運営者が何をしたいのかがわかりません。
実際の事業に対して、戦略や方針が同期していなければ、戦略や方針を修正しないといけません。
戦略が方針があっても、施策内容に誤りがあれば、施策内容を修正しないといけません。
運営者の戦略や方針が変われば、コンテンツの内容も変えないといけません。

SEOをなんとかしたいとお考えの方は、検索結果の上位に来ることばかりに注意が行くのは、見つめるべきものが見れなくなります。
冷静になって、根本的なところから再検証、再検討を求めたいものです。

Webサイト運営者の悪態の特徴

今まで多くのWebサイトの開発案件を見てきました。
その中で顕著なことが3つあります。

自ら競争に突き進むこと

多くの運営者が、比較検索に最初から考えが行きがちです。
単一単語ないし複合単語で検索されて、何が何でも上位に来て他者を負かして打ち勝つことです。

なぜ、自ら競争に巻き込まれることが好きなのでしょうか。
なぜ、競争に打ち勝つことしか方法がないと考えているのでしょうか。
なぜ、レッドオーシャンが好きなのでしょうか。

古代中国の孫子は「戦わないで勝つことが最善の策」と説きました。
「天使のはね」のように、商品やサービスの名称自体を検索キーワードに入力されれば、他者と競うこともありません。(これを指名検索といいます。)
指名検索をされるには、どうやって人々に注意喚起ができるかを考えるなら、いろいろなアイデアが思い浮かぶはずです。

古いやり方が正しいと信じること

現在の検索エンジンはGoogleが支配をしています。
Googleは今までに多くの検索アルゴリズムを変更し、これからも変更をし続けます。
この状況を理解せず、情報収集をせず、古いやり方を続ける運営者、Web制作会社が存在します。
例えば、「各ページのkeywords/descriptionをこのように設定するべき」とすることです。
既にGoogleは、keywords/descriptionは無視するアルゴリズムとなっています。

「◯◯のキーワードで検索結果1位!」と、キーワード依存の昔ながらの手法で訴求するWeb制作の個人や会社、SEO会社、マーケティング会社が未だに存在しますが、時代錯誤な手法です。

過程や原因がわからない行き詰まり

とにかく検索結果の上位に来るように対策を行って欲しい、というSEO関係の案件があります。
この類の募集を見ていると、なぜうまく行っていないのかという過程と原因を垣間見る事ができません。
コンテンツが利用者に魅力がないのか、ビジュアルデザインが悪いのか、Googleのペナルティーを受けたのか、あるいは他の要因か・・・?
いろいろな原因が考えられるのに、明確にならないのでは話になりません。

一方的な情報発信

目が肥えた消費者は愚かではありません。
利用者のことを理解せず、一方的にプッシュする運営者が存在します。
このような運営者が発信するコンテンツは利用者のことをわかっていないとして、利用者は敬遠します。

私のSEOへの対応

料金

Webサイトの運用時における、コンサルティング契約や定期保守契約を結ぶ場合を除き、Webサイトの新規構築や刷新構築時にSEOに関する料金は無料としています。

コンテンツ文章は依頼者が用意するものとします。
私が構築対象のWebサイト・システムの一部ないし全部のコンテンツ文章を作成する場合、量に応じてコンテンツ作成料金を見積料金として提示します。