デザインができることの見解

はじめに

日本社会で「デザイン」という単語が会話や質問に出てきた時、「デザイン=見た目のこと」という暗黙の了解が、伝統的に成立する傾向があります。
しかし近年では、ウェブサイトやウェブシステムに関係する技術、表現方法の多様化、求められることの増加により、暗黙の了解が成立しない場面が多くなってきました。

ウェブサイトやシステムに直接または間接的に関係する、◯◯デザインの◯◯に入る語句は、次に列挙する単語です。
ヴィジュアル、ユーザーエクスペリエンス、サーヴィス、情報、インターフェース、コンテンツ、グラフィック、インタラクション、コミュニケーション、経営、事業。

「あなたはデザインができるか?」
ウェブサイトやシステム構築の依頼者、あるいは同業者が、質問でたまに使う言葉です。 私にとってこの質問は、とても曖昧で、意思疎通を阻害するもの、主語のない日本語を話すような危険さがあると考えます。
単に「デザインができるか?」と的を得ない質問をされても、私は即答はできません。
私は何のデザインのことか、質問者がどのような意図を持っているかがわかりません。
私は質問を質問で返すことはやりたくはないのですが、何のデザインのことかを明確にする会話をするようにしています。
何のデザインかを明確にしないと、会話、議論、批評が成立しません。

私に対してしていただきたい質問

意思疎通や質疑応答の曖昧さを排除し、内容を明確にすることは、仕事を行う上で大切なことです。

下記のいずれかの表現を伴う質問でしたら、回答することが可能です。

質問への回答

画像処理ソフトを使って、デザインカンプを作成できるか?

私はウェブサイトの構築手法として、昔には有効だったこのやり方はやっていません。
答えは「できない。」「そもそもしていない。」となります。

デザインカンプは、ウェブサイト構築における最終成果物ではないので、基本は作る必要はないと考えます。
単にコーディングに対する指示書の役目しかないのであれば、他の手段も存在します。

デザインカンプの内容が綺麗でも、ブラウザで表現できない内容、実現できない内容があるのなら、デザインカンプを作る意味はありません。
(もっとも、デザインカンプ自体がきちんと計算されずに、見た目の感覚依存で作成されたものが殆どです。)

UXデザインはできるか?

UXは今まで全く無学ではなく、自習はしています。
しかし、専門家ではありません。
UXデザインを専門とする人と比べれば、知識、技量、経験は落ちます。

ユーザーインターフェース(UI)デザインはできるか?

対象となる利用者を想定して、構築することは可能です。

インフォメーション・デザインはできるか?

依頼者よりいただいたコンテンツ、あるいは私が考えたコンテンツを元に、情報の優先度の強弱、情報の分割を検討し提示することは可能です。

スタイルシートの設定により、見た目が綺麗なウェブサイトを構築できるか?

もちろんできます。
なんとなくの感覚依存ではなく、きとんと数字で計算された内容で構築を行います。
逆に、スタイルシートの設定ができないと、最終成果物であるウェブサイトは構築できません。

依頼者の課題、要件を踏まえ、ウェブサイトで具現化することができるか?

もちろんできます。
ウェブサイトの依頼者が、結果を出すためのウェブサイトを目指しているので、企画段階からの参画を行います。

画像処理ソフトが使えたらウェブデザインができるという愚鈍

私は画像処理ソフトである、PhotoshopやIllustratorは使用します。
画像補正、コンテンツ画像素材の作成など、自分で可能な限りのことは行います。

しかし、画像処理ソフトを使用できたらウェブデザインができるとは到底思っていません。
未だに勘違いをしてる同業者は、「画像処理ソフトでデザインカンプが作れたら、仕事がお終い!」と考えています。
単にグラフィックを作成するのであれば、グラフィック・デザイナーの仕事の範疇です。

ウェブデザインとデザインカンプ作成は、作業の名前自体が違います。
「ウェブデザイン=デザインカンプ作成」という構図に未だに囚われているから、最初から話が噛み合うことは殆どありません。
デザインカンプ作成ならデザインカンプ作成と堂々と言えばいいんですよ。

一方、高い技能や経験を持つグラフィック・デザイナーとでしたら、ウェブサイトのコンテンツ画像素材の作成にて是非協業したいです。
私が及ばないものを持っているからです。