Webサイトやシステムの構築や保守料金の見積料金が高くて困っているが?

驚きの表情

回答

困るなら、発注者自身がWebサイトやシステムの構築や保守を行えばいいだけの話です。

ヒント・助言

発注先候補からいろいろな金額を提示され、高く感じることもあるでしょう。
金額が高く感じて嫌であれば、発注者自身が構築や保守を行うしかありません。

発注者は日々、自分の事業や活動を行う必要があり、疎かにはできません。
発注者は自分が対応できないことにも、膨大な時間と手間をかけるわけにはいきません。
発注者は、自分では対応できないことを他者に対応してもらうために発注を行います。それが商取引となります。

発注者がプログラミングやヴィジュアルデザインの技術を会得し、実際に使えるようになるまでに、果たしてどのくらい時間とお金を使うかはわかりません。
その時間を省略するために、他者に払う対価が安くていいのか、よく考えていただきたいものです。